TOPセキュリティ > デジタルトランスフォーメーションにおけるセキュリティの役割(...

セキュリティ

デジタルトランスフォーメーションにおけるセキュリティの役割(前)

2020/02/04

Stacy Collett CSO

 デジタルトランスフォーメーションは2年ほど前からペースが上がり、新たなプロセスやプロダクトの開発が急速に進んだ。IT部門やビジネス部門がアジャイルやDevOpsなどの取り組みを加速して市場投入を早める中、セキュリティへの考慮が置き去りになることも少なくなかった。米Gartnerは2016年、セキュリティチームがデジタルリスクに対処できないことが原因でデジタルビジネスの60%は2020年までに大規模なサービス障害を経験するとの予測を示していた。

Credit: Ivanastar / Getty Images

 実際、セキュリティ上の過失が注目を集める事例も出てきているものの、デジタルプロジェクトに主たる原因があったのかどうかを特定することは簡単ではない。だが、「大々的に取り上げられたセキュリティ侵害が、デジタルトランスフォーメーションと直接関係しているのかどうかは別にして、ビジネスリーダーがリスクに関して、またリスク軽減のためのソリューションに関して、再考するきっかけにはなっている」と、米IDCのセキュリティ調査担当バイスプレジデント、Pete Lindstrom氏は言う。

 世界各地のビジネスリーダー1500人を対象に米Marsh & McLennanが実施した調査によると、2020年の自社のリスクマネジメントで優先順位が特に高い項目としてサイバー攻撃やサイバー脅威を挙げた割合は、約79%に及んだ。デジタルトランスフォーメーションでセキュリティが果たす役割については、意識の面でも、設計プロセスの早い段階で関与するという面でも、全体として状況は改善されてきた。しかし、企業の最高情報セキュリティ責任者(CISO)は依然として、エコシステムの中でプロジェクトの範囲をつかむのに苦戦している。

↑ページ先頭へ