TOPマネジメント > 新型コロナの感染拡大、CIOの事業継続の取り組みは(上)

マネジメント

新型コロナの感染拡大、CIOの事業継続の取り組みは(上)

2020/04/06

Clint Boulton CIO

 新型コロナウイルスはあらゆる業界に影を落としている。企業のIT責任者にとっては、従業員がリモートワークで安全に業務を進められる環境や手段を整えることが、これまでにないほど重要になっている。

Credit: MJFelt / Getty Images

 米Gartnerのアナリスト、Sandy Shen氏は次のように話している。「感染拡大の影響で、従来型のチャネルやオペレーションが機能しなくなると、デジタルのチャネル、プロダクト、オペレーションの価値が直ちに明らかになる。これまで日々の運用のニーズにばかり目を向けて、デジタルビジネスや長期的なレジリエンスへの投資を怠ってきた企業への警鐘だ」

 この状況下で、事業継続計画(BCP)の取り組みを加速している企業は多い。サイバー脅威に対処する演習の実施、新たなデータセンターの稼働、リモートワークに伴う課題についての情報伝達など、ITリーダーはさまざまな形で新型コロナウイルスに立ち向かっている。

 先が見えない中で、あらゆる災難への備えを整えながら、事業をスムーズに継続していく必要がある。ここからは、いくつかの企業のITリーダーの経験や提言を見ていく。

↑ページ先頭へ