TOPマネジメント > 優秀な開発者を確保していくための5つのヒント(上)

マネジメント

優秀な開発者を確保していくための5つのヒント(上)

2020/04/20

Bob Violino InfoWorld

 テクノロジー人材のスキルギャップに関しては、企業側のニーズに合ったソフトウエア開発者が見つからないという話をよく耳にする。実力と経験を兼ね備えた人材への需要は大きい。

Credit: Thinkstock

 米国の労働市場の調査と集計を行っている米労働統計局(BLS)によると、ソフトウエア開発者の就労者数は、2018年から2028年の間に21%増える見通しだ。同局が集計している全職種の平均に比べてもはるかに高い伸び率である。

 内訳は、アプリケーション開発者が26%増、システムソフトウエア開発者が10%増となっている。BLSは、両者が伸びる理由として、コンピューターソフトウエアに対するニーズの高まりを挙げている。

 アプリケーション開発者の増加は、スマートフォンやタブレットのアプリに対するニーズによるものとBLSは説明している。また、システムソフトウエア開発者の増加は、家電などの製品に組み込まれるシステムをはじめ、ソフトウエアを使用する製品が増えることによるものと見ている。

 さらに、IoTやインダストリアルIoTの急速な拡大もあって、優秀な開発者への需要がますます増えるのは間違いない。

 需要が増え、供給が限られているとなると、開発者の人材探し、採用、維持のための戦略が鍵となる。優秀な開発者を確保してチームを維持していくためのベストプラクティスについて、いくつかの企業に話を聞き、5つのヒントにまとめた。

↑ページ先頭へ