TOPマネジメント > 全体最適の重要な役割を担うエンタープライズアーキテクト(前)...

マネジメント

全体最適の重要な役割を担うエンタープライズアーキテクト(前)

2020/05/26

Sarah K. White CIO

 エンタープライズアーキテクトは、企業のアーキテクチャーの全体像を体系的にデザインする役割を担う。システム、サービス、ソフトウエア、ハードウエア、ネットワークといった各要素の構成は、エンタープライズアーキテクチャーの全体像に基づいて決まる。エンタープライズアーキテクトは、テクノロジーの最新トレンドや動向をきちんと押さえながら、ビジネスプロセスを改善する方法に常に目を向ける必要がある。

Credit: Jeff Sheldon / Unsplash

 レガシーシステムの刷新、ソフトウエアやハードウエアのリプレース、各部門の業務を支えるサービスやプロダクトの見極めなど、企業全体で的確な最適化を図っていくために、エンタープライズアーキテクトには、複眼的な思考と戦略立案が求められる。また、優れたコミュニケーションスキルや分析スキルも欠かせない。

エンタープライズアーキテクトの要件

 一般に、エンタープライズアーキテクトになるには、コンピューターサイエンスや関連分野の学士号(場合によっては修士号)と、ITでの5~10年の経験が必要となる。スキルの面では、コミュニケーション、分析、リーダーシップ、チームワーク、問題解決に関する卓越したスキルが求められる。そのほか、SQL、データソーシング、エンタープライズデータマネジメント、モデリング、ビジネス戦略、監査、コンプライアンスなどの経験を求められることも多い。さらに、クラウドコンピューティング、システムアーキテクチャー、戦略立案、エンタープライズソリューションについてのスキルや知識も必要となる。

↑ページ先頭へ