TOPWireless > AppleとGoogleが新型コロナ対策でタッグ、接触追跡技...

Wireless

AppleとGoogleが新型コロナ対策でタッグ、接触追跡技術の内容は(下)

2020/06/19

Jason Cross Macworld

 米Appleが発表した「iOS 13.5」のリリースノートには、気になる一文がある。「公的保健機関から提供される新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触追跡Appに対応する接触通知APIが導入されます」という一文だ。

前回から続く)

プライバシー保護に配慮

Credit: Apple

 まず押さえておきたいのは、この機能はいつでもオフにできるという点だ。iOSの場合は、「設定」→「プライバシー」→「ヘルスケア」を開き、「COVID-19接触のログ記録」から、この機能のオン/オフを切り替えたり、現在アクティブなアプリを確認したりできる。

 また、この機能を使うには、公衆衛生機関が提供するアプリをダウンロードして、オプトインで有効にする必要がある。すべてのスマホでデフォルトでオンになるわけではない。ログ記録のアプリがないスマホでは、このオプションは有効にできない。

 どのスマホも、互いの個人情報は一切やり取りしていない。ランダムな識別子をやり取りしているだけだ。位置情報も記録していない。

 また、接触ログは、それぞれのスマホの中にのみ保持されている。AppleやGoogleにも、政府機関にも、他のスマホにも、送信や共有は一切行われない。

 陽性となった人のスマホが使っていたランダムな識別子は、本人の同意のもとで、公衆衛生機関に伝わることになるが、その人が接触していた人のリストは渡らない。位置情報の履歴は、いかなる場合でも共有されない。

 陽性者のスマホが使っていた識別子と、各スマホの接触ログに記録されている識別子との照合は、すべて各スマホ上でローカルで行われる。

 ローカルの接触ログに、陽性者のスマホが使っていたのと同じ識別子が見つかった場合、接触があったことは公衆衛生機関に伝わるが、誰が関与したかは特定されない。伝わる情報は、接触があった日付、継続時間、Bluetoothの信号強度のみだ。

 陽性者の識別子のリストも、AppleやGoogleには一切送られない。

↑ページ先頭へ