TOPWireless > ウエアラブルで新型コロナ感染を検知する手法、各社が模索中(後...

Wireless

ウエアラブルで新型コロナ感染を検知する手法、各社が模索中(後)

2020/06/25

Michael Simon Macworld

 自分が新型コロナウイルスに感染していないかを知りたいと皆が考えている中、Apple Watchにも、WearOS搭載スマートウオッチにも、Fitbit Versaにも、体温測定の機能がないのは残念だ。発熱が重要な意味を持つ現在の状況では、特に気になる点である。

前回から続く)

調査への参加

Credit: Fitibit

 ウエアラブルデバイスを活用して新型コロナ感染の兆候をつかむというアイデアは、今や決して絵空事ではない。スマートウオッチで得られるデータを早期発見に利用するための方法について、本記事を最初に執筆した後に、さまざまな調査の動きが起きている。

 北米のFitbitユーザーの場合、スマートフォンのFitbitアプリ(「Discover」タブの「Assessments & Reports」セクション)から、新型コロナに関する調査にすぐ参加できる。いくつかの設問に対するユーザーの回答と、デバイスが収集したデータから、感染の兆候を早期に発見する方法を探るという調査だ。

 米デューク大学が実施している「CovIdentify」という調査もある。新型コロナの感染の有無や推定重症度を特定するうえで、スマートフォンやスマートウオッチから得られるデータが役立つかどうかを探るとのこと。参加者は、最長12カ月間にわたって、2つの質問に毎日答えていく。現時点で参加できるのは、FitbitかGarminデバイスの利用者に限られるが、他のスマートウオッチにも今後対応する予定となっている。

 米Scripps Researchが実施している調査「DETECT(Digital Engagement & Tracking for Early Control & Treatment)」もある。心拍数の測定データと、本人が記録する発熱やせきなどの症状から、ウイルスへの感染が発生している地域をすばやく特定することを目指している。心拍数を測定できるウエアラブルデバイスのユーザーなら誰でも参加できる。

↑ページ先頭へ