TOPSoftware > Windows 10 May 2020 Update、5つの...

Software

Windows 10 May 2020 Update、5つの細かな改良点(後)

2020/07/09

Mark Hachman PCWorld

 米Microsoftが今春公開したWindows 10の大型アップデート「Windows 10 May 2020 Update」は、以前のバージョンアップほど大々的な更新ではないかもしれないが、注目に値する新機能がいくつかある。本記事執筆時点では、希望者のみがダウンロードしてインストールしている段階だが、いずれは自動配信も始まる。

前回から続く)

Windows Helloのみでの認証

Credit: Microsoft

 パスワードを煩わしく感じる人は多いと思う。Microsoftも同じだ。同社は以前から、パスワードの使用をなるべく減らすための策を講じていた。例えば、MicrosoftアカウントへのサインインにスマホのMicrosoft Authenticatorアプリを使える仕組みの導入などだ。パソコンへのログインに関しては、Windows Helloは間違いなく便利だ。指紋認証や顔認証により、ロックを瞬時に解除できる。

 Windows 10 May 2020 Updateでは、パスワードを使わずにWindows Helloのみで認証を行う設定が可能になった。顔や指紋を正しく認識できない時のために、PINの登録も必須となっている。

 また、何らかの理由によりセーフモードで起動する必要がある時も、パスワードではなくPINで済むようになった。

↑ページ先頭へ