TOPSoftware > iOS 14の新機能、気に入った点と不満な点(前)

Software

iOS 14の新機能、気に入った点と不満な点(前)

2020/08/04

Michael Simon Macworld

 不満な点:新しいホーム画面は、従来よりもカスタマイズ性がはるかに高いが、煩わしい点もある。特にイライラを感じるのは、アプリもウィジェットも、依然としてグリッドの所定の位置に張り付こうとすることだ。ホーム画面の別のページにアプリやウィジェットを移すと、左上から順番に並ぼうとする。このせいで、ホーム画面の仕組み全体が、必要以上に窮屈に感じられる。

 また、カスタマイズの方法も、現時点では少々分かりにくい。きっとAppleは、iPhoneの新規購入者向けには、今後チュートリアルを用意するのだろうが、今のところ、ホーム画面のいくつかのページを非表示にできることは、一見したところ気づかないし、その方法も分かりにくい(ホーム画面のアイコンを震えさせた状態で、画面下部に点々が並んでいる部分をタップする)。また、iPadにはこの機能はない。

Appライブラリ

 気に入った点:Appライブラリは、これまでスマホで利用した中では最もスマートな機能かもしれない。ホーム画面の最後のページを左にスワイプした時に表示される新たなページで、アプリがカテゴリーや用途に応じて分類されている。最近使ったアプリに基づく提案や、最近追加したアプリが先頭に表示され、カテゴリー別の分類がその後に続く。目的のアプリを見つけやすいうえ、見た目もよくて、使う喜びがある。Androidのアプリドロワーのはるかに上を行く機能だ。

 不満な点:Appライブラリはさまざまな面で素晴らしいが、カスタマイズができないのが大きな欠点だ。カテゴリーの並び順を変えたり、新しいカテゴリーを加えたりしたくても、手だてがない。このせいで、Appライブラリの利便性がやや損なわれている。最大7つまでのアプリの選択は、Appleのアルゴリズムに任せるしかない。

翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ