TOPSoftware > Pythonコードのチェックツール/整形ツール5選(前)

Software

Pythonコードのチェックツール/整形ツール5選(前)

2020/09/15

Serdar Yegulalp InfoWorld

 Pythonのコードは、文法的に正しくて意図したとおりに動くのであれば、理屈のうえでは問題ない。だが現実には、プロジェクト全体でスタイルを統一する必要がある。それも、Python自体が推奨するスタイルに従うのが望ましい。幸い、スタイルのチェックや修正は、手作業に頼る必要はない。Pythonには、汎用的なものから特徴的なものまで、スタイルの統一に役立つさまざまなツールがあるからだ。

Credit: wutwhanfoto / Getty Images

 この記事では、Pythonのスタイルチェックツール4種類と、スタイル統一を徹底するための整形ツール1種類を見ていく。PyCharmやVisual Studio Codeなど、Pythonに対応したIDEでは、標準機能や拡張機能でこうしたツールを使用でき、開発ワークフローにすぐに取り入れることができる。

pycodestyle

 Python自体のコーディング規約は、「PEP 8」というスタイルガイドで定められている。これを読めば、インデントにはタブではなくスペース4つを使うということや、変数やオブジェクトの命名の仕方など、あらゆる問題が解決する。「pycodestyle」は、コードがPEP 8の規約に従っているかどうかをチェックし、違反している箇所を把握できるツールだ。ただし、見つけた問題を自動で修正する機能はない。

 pycodestyleのチェックにはさまざまなオプションがあり、特定の種類のエラーを無視したり、ソースツリーの中で一部のファイルのみを対象にしたりできる。Pythonに対応しているIDEのほとんどは、pycodestyleにも対応しているはずなので、機能面というよりも、幅広い互換性を重視するのであれば、迷わずこれを選ぶことになる。

↑ページ先頭へ