TOPSoftware > Macの環境を新機種に移行する方法(後)

Software

Macの環境を新機種に移行する方法(後)

2020/12/17

Michael Simon Macworld

 iPhoneは、新機種に買い換えた時にデータや環境を移すのも簡単だ。旧機種の中身をiCloudにバックアップし、新機種で復元すればよい。ホーム画面のレイアウトやSafariのタブをはじめ、これまで使っていた環境を再現できる。Macにも、データや環境を旧機種から新機種に移す方法はいくつかあるが、iPhoneのiCloudバックアップほど単純ではない。この記事では、新しいMacに環境を移行する際の作業について、主なポイントを見ていく。

前回から続く)

移行アシスタント

Credit: Jason Cross/IDG
Credit: Jason Cross/IDG

 旧機種のデータや環境を新機種にまとめて移す手段としては、Macに標準装備の「移行アシスタント」がある。新機種のセットアップ中に、旧機種からデータを転送するための選択肢として移行アシスタントが示される。

 手順としては、まずは移行元のMacで、「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリティ」フォルダから移行アシスタントを開き、移行元と移行先のMacをWi-FiかUSB-Cケーブルで接続する(通常はケーブルを使う方が格段に速い)。次に、新しいMacに移行する項目(アプリケーション、ユーザー、その他のファイル、システムとネットワークの設定)を選択し、「続ける」をクリックする。転送にはかなり時間がかかる(特にWi-Fiの場合)。処理が完了したら、旧機種のファイルや設定が新機種に移行されているはずだ。

 移行アシスタントは、新機種のセットアップが一通り終わった後で実行することもできる。その方法なら、まず新機種を軽く触ってみたうえでファイルの転送に入ることが可能だ。

↑ページ先頭へ