TOPCloud > Macもクラウド化、その意味は(後)

Cloud

Macもクラウド化、その意味は(後)

2021/01/07

Steven J. Vaughan-Nichols Computerworld

 「デスクトップ」の未来はクラウドにあるという話を、筆者は以前から繰り返してきた。2012年頃には、Chromebookは重要な存在になると予言していたし、2017年には、WindowsはパソコンからクラウドベースのDaaS(Desktop as a Service)モデルに移行すると見立てていた(時期は外れたものの、おおむね読みどおりだった)。だが、そんな筆者としても予想外だったのは、Macのクラウド化だ。

前回から続く)

Credit: Kaz

 料金は、最初の24時間分に26ドル弱を支払った後は、1時間あたり1.083ドルの料金が秒単位で課金される。1日8時間使うとしたら、3日で26ドル弱となる。小規模なクラウド事業者のMacサービスはもっと低価格だが、既にAWSを利用している人なら、これまでと同じように、クラウド事業の王者としての安心感や、その無数のサービスに対して料金を支払うことになる。

 Macのクラウド化という展開は、筆者も予想していなかった。確かに、Macにプログラミングのニッチ市場が存在することは認識していたが、今後もずっとニッチのままだろうと思っていた。筆者としては、Macユーザーというと、写真、出版、動画などの高度な処理をこなしている人たちを連想する。こうした処理には、強力なCPUだけでなく、高速なネットワークやストレージが欠かせない。

 どうやらAWSは、今やそれも実現可能と考えているようだ。

↑ページ先頭へ