TOPSoftware > ブラウザーのパスワード管理機能、単体型ツールとの違いは(後)...

Software

ブラウザーのパスワード管理機能、単体型ツールとの違いは(後)

2021/02/18

Brad Chacos PCWorld

 昔は、Webブラウザーにパスワードを保存しないほうがよいと言われていた時代もあったが、今はそんなことはない。現在のブラウザーは昔よりはるかに安全で、ブラウザー自体のログインアカウントも2要素認証で守られている。加えて、現在のブラウザーは、基本的なパスワード管理機能を備えているものが多く、ランダムな文字列の強力なパスワードを簡単に生成できる。Microsoft Edgeも、パスワード生成機能を最近搭載した。

前回から続く)

Credit: PCWorld

 単体ツールのメリットはほかにもある。ブラウザーの場合、自分のアカウントを自分で扱うのが中心だが、単体ツールなら、パスワードを簡単かつ安全に共有できる機能がある。例えば、Wi-Fiのパスワードを家族も使う場合や、共通のアカウントに同僚がアクセスする場合などに使える。ブラウザーのパスワード管理機能の場合、保存したログイン情報はブラウザーの奥深くに埋もれていて、探し出すのもひと苦労だ。

 単体型のパスワード管理ツールは、自動入力のオプションも充実している。もちろん、ブラウザーのパスワード管理機能にも自動入力はあるが、やはり基本的な機能にとどまる。ブラウザーでできることは、パスワード管理ツールのほうがさらに便利であることが多い。

↑ページ先頭へ