TOPマネジメント > Amazonの次期CEOに選ばれたAndy Jassy氏とは...

マネジメント

Amazonの次期CEOに選ばれたAndy Jassy氏とは(前)

2021/02/24

Scott Carey InfoWorld

 2月初め、米Amazon.com創業者のJeff Bezos氏が最高経営責任者(CEO)を退任するとの突然のニュースがテクノロジー界を駆け巡った。Bezos氏は2021年7~9月期にCEOを退任し、Andy Jassy氏が後任を務める。

Andy Jassy氏とは

Credit: Amazon

 Jassy氏は、1997年の入社以来、Amazonで要職を歴任してきた人物だ。技術畑の出身ではないものの、緻密にして競争心旺盛な幹部として、競合相手を容赦なく批判することもあり、米Oracle創業者のLarry Ellison氏との舌戦でも知られる。Amazon内では、クラウドコンピューティング事業Amazon Web Services(AWS)のトップとして辣腕を振るったことで広く知られ、AWSを400億ドル規模の事業に育て上げた。

 Jassy氏の上司でもあり師でもあるBezos氏は、従業員向けのメールで次のように述べている。「Andyは社内でよく知られ、私と同じくらい古くからAmazonにいる。傑出したリーダーになるのは間違いない。私はAndyを完全に信頼している」

 Amazonが1997年に上場を果たした後で、Bezos氏が最初に採用したうちの1人がJassy氏だった。ハーバードビジネススクール卒業後、そのままAmazonに入り、マーケティングマネージャーに就任。その後、Webサービス担当のバイスプレジデントに就くと、2006年にクラウドサービスを事業化し、仮想マシンを利用できるElastic Compute Cloud(EC2)などのサービスの提供を始めた。

 Jassy氏は現在53歳で、ニューヨークのスポーツチームやDave Matthews Bandの熱狂的なファンでもある。Amazonで要職にあり、個人資産もかなりの額に上る同氏だが、世間からはあまり目立たない存在だ。ツイートの数も少ないし、インタビューでも当たり障りのない発言が多い。一方で、社会問題に対しては率直に意見を述べることがあり、Donald Trump前大統領を何度か批判したほか、Black Lives Matter運動も強く支持した。テクノロジー業界では、仲間からもライバルからも手腕を認められている。

 米調査会社Gartnerのアナリスト、Ed Anderson氏は言う。「AmazonのトップがBezos氏からJassy氏に移るのは、意外なことではない。Bezos氏もAmazonに引き続き関与するとはいえ、Jassy氏をCEOにするのは良い選択だ。Amazonは、eコマースの強みにとどまらず、基本的にテクノロジードリブンの企業だ。テクノロジーをビジネスの変革と成長に生かす方法を熟知しているという点で、Jassy氏は業界屈指の人物だ」

↑ページ先頭へ