TOPセキュリティ > iPhone、iPad、MacでのiCloudキーチェーンの...

セキュリティ

iPhone、iPad、MacでのiCloudキーチェーンの利用方法(後)

2021/03/11

Michael Simon Macworld

 iCloudキーチェーンには豊富な機能があり、iPhoneユーザーはぜひ活用しておきたい。今回の記事では、iCloudキーチェーンを利用するための基本的な設定について見ていく。

前回から続く)

パスワードの漏えいや危険性のチェック

Credit: Michael Simon/IDG
Credit: Michael Simon/IDG

 サイバー攻撃やデータ流出が毎日のように起きる中、漏えいに関する情報をユーザー自身がすべて把握しておくことは容易ではない。幸い、iCloudキーチェーンには、パスワードの流出を簡単にチェックできる機能がある。iPhoneとiPadでは、「設定」→「パスワード」→「セキュリティに関する勧告」を開き、「侵害されたパスワードを検出」をオンにする。漏えいした中に自分のパスワードが含まれていないか確認できるほか、パスワードの使い回しや、簡単に推測可能なパスワードの使用を警告してくれる。

 Macでは、Safariの「環境設定」→「パスワード」を開く。表示されるリストの中に、黄色の三角形の「!」マークが付いている場合、その項目にはセキュリティ上の警告がある。この警告マークをクリックすると、内容を確認できる。

 警告マークが数多く出たとしても、現在使用していない古いパスワードであれば、さほど心配する必要はないかもしれない。しかし、現在も使用しているサイトやアカウントに関して警告が出ている場合には、パスワードの変更が必要だ。同じ画面に表示されているリンクから、対象のサイトに移動して、パスワードを変更しよう。

↑ページ先頭へ