TOPマネジメント > ソリューションアーキテクトの役割は(前)

マネジメント

ソリューションアーキテクトの役割は(前)

2021/03/23

Sarah K. White CIO

 ソリューションアーキテクトは、企業のビジネスニーズを分析し、ソフトウエア、ハードウエア、インフラを活用してビジネスニーズを満たす方法を考える役割を担う。今の時代は、IT戦略とビジネスゴールの整合性が極めて重要だ。ビジネスゴールの達成を支える技術ソリューションの特定、開発、改良において、ソリューションアーキテクトが力を発揮できる余地は大きい。

Credit: Dell Technologies
Credit: Dell Technologies

 また、ソリューションアーキテクトは、ITの担い手と事業運営の担い手とのコミュニケーションの仲介役でもある。ビジネス問題を解決する技術ソリューションの構築と導入に向けて、全員の足並みをそろえる役割を果たす。そのプロセスでは、ソリューションの設計や実装を適切に進めるために、フィードバック、調整、問題解決を絶えず行う必要がある。

 ソリューションアーキテクチャーの対象領域には、ビジネス、システム、情報、セキュリティ、アプリケーション、技術アーキテクチャーといったものが含まれる。例えば、効率化のためのクラウドインフラの構築、eコマースでのマイクロサービスの導入、データ/システム/ネットワークに対するセキュリティ対策の導入などが考えられる。ソリューションアーキテクトの仕事の対象範囲は、企業の個別のニーズによっても異なるが、ここからは、一般的な職務、スキル、資格などについて見ていくことにする。

↑ページ先頭へ