TOPNetwork > Googleが収集している個人情報、確認と削除の方法は(上)...

Network

Googleが収集している個人情報、確認と削除の方法は(上)

2021/05/17

Ian Paul PCWorld

 ここからは、主なメニュー項目の内容や機能について見ていこう。

 まず確認しておきたいのは「個人情報」ページだ。名前、ニックネーム、生年月日、性別、メールアドレス、電話番号といった情報を確認できる。右端に「>」と表示されている行は、クリックすることでデータの確認や変更を行える。

 ここに出ている情報のほとんどは、削除か変更が可能だ。ただし、名前やニックネームなど、削除させてもらえない項目もある。生年月日も、いったん設定すると削除はできないが、内容の編集や、公開する範囲の変更は可能だ。

 「個人情報」ページの下方にある「他のユーザーに表示する情報の選択」セクションでは、Googleのサービスを通じて公開する個人情報を、項目ごとに選択できる。

履歴情報

 Googleが保存している履歴情報には、Chromeでの閲覧履歴、Google検索の履歴、YouTubeの検索履歴と再生履歴、モバイルデバイスの位置情報の履歴などがある。

 プライバシーの面で特に重要なのは、位置情報の履歴だ。その設定や削除を行うには、Googleアカウントのホームページから、「データとカスタマイズ」を開き、「アクティビティ管理」セクションの「ロケーション履歴」をクリックする。

 ここで開いたページにある項目のうち、一番上の「ロケーション履歴」のトグルボタンでは、位置情報の履歴保存のオン/オフを切り替えられる。その下の「自動削除」セクションでは、一定期間が経過した履歴を自動で削除するよう設定でき、3カ月、18カ月、36カ月という選択肢がある。その下の「アクティビティを管理」セクションでは、Googleマップのタイムラインが開き、Googleが保存している履歴情報を個別に確認して削除できる。

翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ