TOPNetwork > Googleが収集している個人情報、確認と削除の方法は(下)...

Network

Googleが収集している個人情報、確認と削除の方法は(下)

2021/05/21

Ian Paul PCWorld

 米Googleは、一人ひとりのユーザーの行動データを膨大に収集し、保存している。アクティビティデータと呼ばれるこれらのデータのほとんどは、Googleアカウントのサイトで簡単に確認し、削除することができる。その方法について見ていくことにしよう。

前回から続く)

Credit: Google

 次は広告だ。Googleの製品やサービスで表示される広告は、Webの閲覧履歴、検索履歴、YouTubeの履歴などに基づいてカスタマイズされている。その設定を変えるには、「データとカスタマイズ」を開き、「広告のカスタマイズ」セクションをクリックすればよい。

 ページ上部にあるトグルボタンでは、広告のカスタマイズ全体のオン/オフを切り替えられる。その下には、広告のカスタマイズに利用されている要素がずらりと並んでいる。ここには、年齢層、性別、配偶者の有無、言語といった基本的な項目に加えて、本人が関心を持っているとGoogleが推定したジャンル名が膨大に表示されている。どうやら、何度か検索した対象物のジャンルが、自動的にここに加わるようだ。広告のカスタマイズをオンにしている場合、これらのジャンルそのものを削除することはできないが、オフに切り替えれば、そのジャンルに関する広告を抑制できる。

↑ページ先頭へ