TOPNetwork > ネット詐欺のメッセージでよく見られる3つの特徴(前)

Network

ネット詐欺のメッセージでよく見られる3つの特徴(前)

2021/05/25

Ian Paul PCWorld

1:リンクが書かれたメッセージが突然届いたら要注意

 突然メッセージを送りつけて不正なリンクをクリックさせる手口は、ネット詐欺の定番だ。メールやSMSで不特定多数に届くメッセージもあれば、メッセージングアプリのアカウントを乗っ取られた友人の名で届くメッセージもある。リンクを開くと、本物によく似た悪質な偽サイトが開き、マルウエアを送り込まれたり、ログイン情報を入力させられたりする。

 この手のメッセージに書かれているリンクは、クリックしないことが一番だ。銀行口座を間もなく凍結するというメールや、PayPalのメールアカウントの認証が必要というメールが突然届いても、リンクをクリックしてはいけない。たとえメールアドレスやリンクが本物だったとしても、万全なセキュリティ対策のためには、リンクのクリックは避け、サイトの正しいURLをアドレスバーに入力しよう。検索でサイトを見つけるのも避けたほうがよい。

 こうして本物のサイトにログインすれば、メールに書かれていた話が本当だったのかどうか、判断がつくはずだ。

 また、偽サイトでログイン情報を奪われる被害を防ぐうえでは、パスワード管理ツールやそのブラウザー拡張機能も一助になる。パスワードを保存済みのはずのサイトでも、サイト自体が偽物なら、パスワード管理ツールの自動入力機能は適用されないはずだ。例えば「paypal.com.098uq3409847890.net」のように、本物らしく見せかけたURLであっても、自動入力は通常は機能しない。

翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ