TOPCloud > 遠隔地の現場にエッジ装置を導入、シェールガス大手の事例(下)...

Cloud

遠隔地の現場にエッジ装置を導入、シェールガス大手の事例(下)

2021/06/25

Maria Korolov Network World

 エッジコンピューティングは、通信量の抑制、遅延の軽減、コストの削減といったメリットが見込める一方で、導入や管理の負担が懸念材料になり得る。オンプレミスのデータセンターでも管理は大変なのに、現場への機器の導入や管理が果たしてスムーズに行くかどうかという懸念だ。

前回から続く)

Credit: Jeremy Thomas
Credit: Jeremy Thomas

 データ収集のフェーズは6月末まで続く予定だという。「機械学習モデルを構築するプロセスにも入っているが、実稼働が可能な段階には達していない。年内には現場での稼働を始める計画だ」

 その頃には、現場のエンジニアがリアルタイム分析を意思決定に生かしたり、Hivecellの装置で集約したデータをLTEや衛星回線経由で本社に送ったりといった対応が始まる。

 構築した機械学習モデルをクラウドからエッジのHivecell装置にデプロイするのも簡単にできそうだとCao氏は考えている。「将来的には、ボタン1つでモデルをHivecellに同期できるようになる」

↑ページ先頭へ