TOPマネジメント > 構成管理データベースとは何か、導入の効果や課題は(前)

マネジメント

構成管理データベースとは何か、導入の効果や課題は(前)

2021/07/06

Sarah K. White CIO

CMDBのメリットと課題

 CMDBの利用によって得られるメリットには、資産のTCO(総所有コスト)の抑制、ダウンタイムの削減、問題の根本原因の分析強化、コンプライアンスの向上などがある。一方、CMDBの課題には、常に正確な情報を最新の状態に維持しておくことの難しさや、データの収集と維持に要する時間と労力などがある。不正確なデータは、誤った意思決定につながりかねない。

CMDBで把握できる情報の活用

 CMDBは、ビジネスインテリジェンス、ソフトウエアやハードウエアの構築、インシデント管理、インパクト分析、根本原因分析、変更管理などに効果をもたらす。多くの製品では、ダッシュボードを使って、構成アイテムの状態、相互関係、加えた変更の影響や、サービスの作成とメンテナンスに要するコストを簡単に把握できる。

 また、構成アイテムの現在の状態だけでなく、これまでに加えた変更や、過去に生じた問題も把握できることから、監査を通じたコンプライアンスの維持にも役立つ。このほか、アクセス制御やITサービスマッピングなどにも活用できる。データの登録に関しては、手動での入力のほか、APIなどで連携する方法や、IPアドレスを自動でスキャンしてソフトウエアとハードウエアのデータを収集する方法もある。

翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ