TOPマネジメント > 構成管理データベースとは何か、導入の効果や課題は(後)

マネジメント

構成管理データベースとは何か、導入の効果や課題は(後)

2021/07/08

Sarah K. White CIO

 主なCIタイプには以下がある。

  • ハードウエア
  • ソフトウエア
  • アプリケーション
  • 通信とネットワーク
  • デバイス
  • サービス
  • 位置
  • ドキュメント
  • 人(従業員、外注先)

 資産に関して把握する主な情報には以下がある。

  • インシデント
  • 問題
  • 配置
  • 変更
  • アップデート、アップグレード
  • 構成
  • ユーザー、アクセス

CMDBのデータベーススキーマ

 CMDBのデータベーススキーマとして多いのは、リレーショナルデータモデルと、セマンティックデータモデルの2つだ。

 リレーショナルデータモデルは、一階述語論理に基づくモデルで、順番に格納したレコードを結び付ける一意のキーを通じて、ユーザーのクエリに対する答えを導き出すことができる。

 セマンティックデータモデルでは、主にResource Description Frameworkを基盤として複数の項目間を関連付け、データの関係にコンテキストを与える。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ