TOPクラウド > iPaaSの基礎知識、使用例や主要ベンダーを解説(上)

クラウド

iPaaSの基礎知識、使用例や主要ベンダーを解説(上)

2021/08/02

Peter Wayner CIO

 iPaaS(integration Platform as a Service)は、クラウドベースのサービスの種類の1つ。企業が利用する複数のサービス、システム、アプリケーションを簡単に連携して、プロセスの自動化やデータフローの円滑化を実現できる。iPaaSでは、例えば顧客情報を保存するデータベース、住所を地理座標に変換するAPI、カード決済を処理する外部サービスなど、多種多様なシステムやサービスを連携でき、ユーザーの利便性を高められる。

Credit: The Digital Artist

 iPaaSのサービスは、標準のプロトコルやデータフォーマットを使って既存のサービスと連携するための仕組みを備えている。1つのサービスからデータを取得し、抽出や変換などの操作を加えて、別のサービスで処理できるようにする連携を得意とし、いわばデータの輸送ハブのような役割を担う。

 データフローの連携に関する類似技術としては、ESB(Enterprise Service Bus)やRPA(Robotic Process Automation)がある。複数のソフトウエアやサービスを連携するという広い意味では、いずれも同じような働きを持つ。

iPaaSの用途

 iPaaSのサービスは、企業で使われている多種多様なアーキテクチャーに対応し、最新のプロトコルや認証手法を処理できる。高度な製品は、異なるクラウド間でのソフトウエアの連携、パブリッククラウドとプライベートクラウド間の連携、事業者の信頼レベルが異なるデータセンター間の連携にも対応する。また、旧式のハードウエアで動くレガシーソフトウエアとも連携できる場合がある。

 iPaaS製品は、AI、機械学習、ブロックチェーンなど、先進的な技術やアルゴリズムとの連携も特徴の1つで、こうした最新技術を活用する機能を、iPaaSのコネクターを使って旧式のシステムと簡単に組み合わせられる。

↑ページ先頭へ