TOPクラウド > iPaaSの基礎知識、使用例や主要ベンダーを解説(下)

クラウド

iPaaSの基礎知識、使用例や主要ベンダーを解説(下)

2021/08/06

Peter Wayner CIO

 iPaaS(integration Platform as a Service)は、クラウドベースのサービスの種類の1つ。企業が利用する複数のサービス、システム、アプリケーションを簡単に連携して、プロセスの自動化やデータフローの円滑化を実現できる。iPaaSでは、例えば顧客情報を保存するデータベース、住所を地理座標に変換するAPI、カード決済を処理する外部サービスなど、多種多様なシステムやサービスを連携でき、ユーザーの利便性を高められる。

前回から続く)

iPaaS製品の主なベンダー

Credit: Dell Technologies

 iPaaS分野が成長する中、ベンダー各社は製品の改良や強化を続け、対応可能なプラットフォームやサービスを拡大している。iPaaS製品は、データ交換のための中心的なハブに加え、多種多様なツールやサービスとの接続を実現する各種モジュールで構成されている。他のiPaaSシステムとの連携が可能な場合もある。

↑ページ先頭へ