TOPSoftware > Windows 11、これまでのInsider Previe...

Software

Windows 11、これまでのInsider Previewビルドのまとめ(上)

2021/08/16

Preston Gralla Computerworld

 米Microsoftは、「Windows 11」を年内リリースすることを6月24日に発表し、現在はWindows Insider ProgramのDevチャネルでプレビュー版のビルドを配信している。このプレビュー版に関する注意点と、これまでにリリースされた各ビルドの内容について見ていこう。

Credit: Microsoft
Credit: Microsoft

 Windows 11のプレビュー版を試用するうえで注意が必要なのは、システム要件がWindows 10よりも厳しくなっている点だ。Microsoftの6月24日のブログ記事に説明があるように、Windows 11のシステム要件を満たさないパソコンは、Insider ProgramのDevチャネルやBetaチャネルへ新規に参加することはできず、Release PreviewチャネルでWindows 10のプレビュー版のテストに参加することになる。

 ただし、6月24日より前からInsider ProgramのDevチャネルに参加していたパソコンは、Windows 11のシステム要件を満たしていなくても、特例的な措置として、Windows 11のプレビュー版のビルドをインストールできる。しかし、要件を満たしていないハードウエアでは、Windows 11の利用に差し障る問題やバグが生じる可能性があるという点にMicrosoftは注意を促しており、こうした不具合は修正されない場合もあるとしている。また、何らかの問題でWindows 10に戻した場合、特例措置は終了となり、その後あらためてWindows 11のプレビュー版をインストールすることはできない。

 Windows 11プレビュー版の最新のビルドは、今後もDevチャネルで配信が続く。またMicrosoftによると、この夏にはBetaチャネルでもプレビュー版の配信が始まる予定。その時点でBetaチャネルに登録しているパソコンは、Windows 11のシステム要件を満たしていない場合、Release Previewチャネルに移行される。

↑ページ先頭へ