TOPセキュリティ > IT部門を再創造するためのアイデア5選(前)

セキュリティ

IT部門を再創造するためのアイデア5選(前)

2021/08/31

Derek Slater and CIO staff CIO

 オンラインメディアの米CIOが今年春にオンラインで開催したパネルディスカッション「CIO Think Tank」では、IT部門の再創造という一大テーマについて、36人のITリーダーから重要なアイデアが次々と飛び出した。今回の記事では、このディスカッションで出てきた5つのアイデアを紹介する。

Credit: Igor Stevanovic / Getty Images
Credit: Igor Stevanovic / Getty Images

 企業の最高情報責任者(CIO)は、ビジネス要件の目まぐるしい変化に適応するために、アジリティを重視した新たな戦術を考えたり、旧来の習慣や技術的負債を取り除いたり、従業員のスキル再構築に取り組んだりしている。中には、IT部門のあり方自体にメスを入れる者もいる。

 オンラインメディアの米CIOが今年春にオンラインで開催したパネルディスカッション「CIO Think Tank」では、IT部門の再創造という一大テーマについて、36人のITリーダーから重要なアイデアが次々と飛び出した。

 今回の記事では、このディスカッションで出てきた5つのアイデアを紹介する。すべての企業に当てはまるわけではないが、上手に生かせるものがあれば、成果は何倍にもなって返って来るはずだ。

戦略計画を捨てる

 ウィスコンシン州のウォーキショー郡テクニカルカレッジで最高セキュリティ責任者(CSO)とCIOを務めるRodney Nobles氏は言う。「私は戦略計画を利用するのをやめた。『1年目はこれをする、2年目はあれをする』といったやり方だ」。代わりに、IT部門にとってのシンプルな「ブランドステートメント」を策定した。「プロセスとテクノロジーの再創造、再検討、再方向付けを通じて、皆があらゆるデバイスでいつどこからでもコンテンツを利用できるようにする」というものだ。

 これなら頭に入りやすいし、IT部門にとって明確な指針になる。IT部門が関与する対象はすべて、このブランドステートメントの達成につながるものでなくてはならないとNobles氏は言う。「そうでなければ関与はしない。教育機関である我々にとって、入学、維持、修了は重要だ。こうした重要な面に向けて取り組みを行う。重要でない事柄には関与しない」

↑ページ先頭へ