TOPマネジメント > サイトの価値の最大化を支える情報アーキテクチャー(下)

マネジメント

サイトの価値の最大化を支える情報アーキテクチャー(下)

2021/09/10

Maria Korolov CIO

情報アーキテクチャーの求人とキャリアパス

 ごく小規模な企業では、既製のツールやアプリケーションを使って情報アーキテクチャーのニーズを満たしているケースが多いが、中堅企業や大企業で、特にWeb関連のビジネスを手がけている場合には、情報アーキテクトの仕事が屋台骨を支えているケースが多い。

 したがって、情報アーキテクチャー関連の人材は、さまざまな業種でニーズが高い。例えば、米求人情報サイトZipRecruiterで検索してみると、本記事執筆時点では、情報アーキテクトの求人情報が20万件以上見つかる。

 情報アーキテクトの仕事は複数の分野にまたがっており、キャリアパスは一人ひとりで大きく異なることがある。米キャリア情報サイトZippiaによると、情報アーキテクトの取得学位の専攻分野で最も多いのはコンピューターサイエンスだが、英語、ビジネス、グラフィックデザインといった専攻も僅差で続いている。情報アーキテクトに特化した学位や、キャリアの標準的な進路はない。各自が実務に従事する中で成長していくことが多い。

 「情報アーキテクトは、個別のシステムやインフラ機能を担当するマネージャーとしての仕事を通じて、スキルを獲得することが多い」とMcKinseyのWallance氏は言う。そのうえで、ポートフォリオの幅を広げていく。「情報アーキテクトがさまざまな部門をカバーするローテーション制度も、各種ビジネス部門について理解を深める素晴らしい方法だ」

 情報アーキテクトとしての未来を確かなものにするために、最新のトレンド、プラットフォーム、テクノロジーを常に把握しておくようWallance氏は勧める。また、テクノロジー畑出身の人には、ビジネス部門の幹部と積極的に関わり合うことを勧めている。その逆も同様だ。

情報アーキテクチャー関連の職種の給与

 情報アーキテクチャー関連の人材へのニーズは今後も高まる一方だとWallance氏は話す。企業が扱うデータセットはますます巨大化し、新たな機能を導入する必要も生じる。「特に、テクノロジーとビジネスのスキルセットを兼ね備えた人材のニーズは、並行して高まっていきそうだ」

 こうしたニーズを受けて、情報アーキテクチャーの給与は高い水準にある。

 ZipRecruiterによると、情報アーキテクトの年収は平均12万6000ドルで、大半が年10万~16万2000ドルの範囲にある。

 情報アーキテクトの多くは学士号を取得しているが、学位が高いほど給与も高い。また、ユーザビリティーやプロジェクトマネジメントなどに関する資格の取得も、給与のアップにつながる可能性がある。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ