TOPマネジメント > 幅広いハード/ソフトスキルが求められるプロダクトマネージャー...

マネジメント

幅広いハード/ソフトスキルが求められるプロダクトマネージャーとは(前)

2021/09/14

Sarah K. White CIO

 プロダクトマネージャーは、ビジネス目標に沿ったハイレベルなプロダクトを実現する役割を担う。ソフトウエア、ハードウエア、サービスのプロダクトのライフサイクル全体を通して、責任者としての役割を果たすことになり、複合的な任務が求められる。ソフトスキルとハードスキルをバランスよく発揮して、複数の部門、ステークホルダー、ビジネスリーダー、顧客、クライアントからの要求、懸念、フィードバックの兼ね合いを図る必要がある。

プロダクトマネージャーのジョブディスクリプション

Credit: Thinkstock
Credit: Thinkstock

 プロダクトマネージャーとして結果を残すためには、対象となるプロダクトのソフトウエア、ハードウエア、サービスに関して、市場、オーディエンス、ニーズを理解することが必要になる。生み出す価値のあるプロダクトや、ビジネスにもたらす効果を知るために、テクノロジーとビジネスへの深い理解も欠かせない。

 プロダクトマネージャーにとって、コミュニケーションとコラボレーションのスキルは大きなよりどころとなる。ユーザーエクスペリエンス、テクノロジー、ビジネス目標の適切なバランスを探る時に、タフな決断を下したりチーム全員の認識をそろえたりするうえで、こうしたスキルが必要になる。

 社内向けと社外向けのどちらのプロダクトでも、プロダクトマネージャーは、一人ひとりのニーズと期待を把握し、各部門に落とし込む役割を担う。ユーザーのニーズ、開発者の技能、ステークホルダーのビジョン、市場内で競合と比べた時のプロダクトの立ち位置など、開発プロセスをいくつかの観点から理解する能力が欠かせない。

プロダクトマネージャーの職務

 プロダクトマネジメントの仕事では、部門間にまたがるコミュニケーションのスキルや、プロダクトに携わる全員を1つにまとめるスキルが必要になる。新しいプロダクトの開発では、ユーザー、ステークホルダー、ビジネスリーダーに話を聞き、一人ひとりの主な優先事項、能力、制約、総合的なビジョンといったものを理解しなくてはならない。

↑ページ先頭へ