TOPSoftware > EdgeとChromeに入れておきたい拡張機能5選(上)

Software

EdgeとChromeに入れておきたい拡張機能5選(上)

2021/09/27

Mark Hachman PCWorld

Microsoft Editor

 ネットなしには成り立たない現代の生活では、メールや投稿などの文章をWebブラウザー上で入力する機会も多い。こうした場面で、入力内容の推敲に役立つ拡張機能が「Microsoft Editor」だ。Wordと同様の文章校正や推敲の機能を、Webブラウザー上で使うことができる。

 Microsoft Editorでは、最大3つの言語を選んで、入力した文章をチェックできる。スペルチェックや基本的な文法チェックは無料で利用可能だ。また、Microsoft 365を契約していれば、表現の丁寧さや簡潔さ、言葉の選択などに関する高度なチェック機能も利用できる。

 Microsoft EditorはEdge用Chrome用がそれぞれ提供されている。

 次点:英文のチェックであれば、「Grammarly」(Edge用Chrome用)という選択肢もある。こちらは、文面のトーンをチェックする機能なども備え、すっきり整っている感じもする。だが筆者としては、日々のコミュニケーションで使ううえでは、Microsoft Editorの方がしっくり来るように思える。

翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ