TOPSoftware > EdgeとChromeに入れておきたい拡張機能5選(中)

Software

EdgeとChromeに入れておきたい拡張機能5選(中)

2021/09/29

Mark Hachman PCWorld

LastPass

 今では、Webサイトで使うパスワードを安全に保存できる機能は、Webブラウザーが標準で備えている。しかし、複数のブラウザーを併用する場合や、パソコンとスマホの連携を考えた場合、パスワード管理の専用ツールを使った方が便利なこともある。

 現時点で、PCWorldが選ぶパスワード管理ツールの第1位は「LastPass」だ。ツール本体をインストールすると、Edge、Chrome、Firefoxをはじめ、「Opera」や「Internet Explorer」用のブラウザー拡張機能が自動でインストールされる。複数のデバイスにまたがってパスワードを管理するためには、年36ドルの料金がかかる。

 次点:PCWorldが第2位に選んだパスワード管理ツールは「Dashlane」だ。パスワード管理のほか、セキュリティ関連の機能も備えている。料金は年36ドル。

Adblock Plus

 ネットに広告は付き物とはいえ、広告の多さが気に障るサイトもある(当PCWorldのサイトも例外ではない)。こうした広告を非表示にしたい場合、Operaのようなブラウザーなら広告ブロック機能を標準装備しているが、そうでないブラウザーの場合は、拡張機能を使って対応することになる。

 筆者が選んだのは「Adblock Plus」だ。完全無欠のブロッカーではないかもしれないが、広告を収益源にしているサイト向けに、目障りではない広告は許容範囲として認めようという姿勢が見られるのはありがたい。このほか、ホワイトリストの設定や、トラッキングのブロックなども可能だ。

 Adblock Plusは、Edge用Chrome用がそれぞれ提供されている。

 次点:「Ghostery」(Edge用Chrome用)は、広告ブロックの機能がAdblock Plusのさらに上を行き、一部のサイトが取り入れているペイウォールを回避できそうな域に達していることもある。それを魅力と感じるようなら、Ghosteryは良い選択肢だ。

翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ