TOPSoftware > EdgeとChromeに入れておきたい拡張機能5選(下)

Software

EdgeとChromeに入れておきたい拡張機能5選(下)

2021/10/01

Mark Hachman PCWorld

今回の記事では、EdgeやChromeにぜひともインストールしておきたい5種類の拡張機能を紹介する。

前回から続く)

Microsoft Rewards

Credit: Mark Hachman / IDG
Credit: Mark Hachman / IDG

 米国では、ショッピング向けの機能として、クーポンを活用するための「Honey」のような拡張機能がある。またEdge本体も、クーポンの適用、価格比較、価格履歴などの機能を備えている。一方、こうした機能とは少し違うが、お得なショッピングという意味で筆者が数年来利用しているのが「Microsoft Rewards」だ。

 Microsoft Rewardsとは、Microsoft Storeの利用やBingの検索などでポイントがもらえる制度だ。1回ずつの獲得ポイントはわずかだが、たまったポイントは、Microsoft Storeでの支払いのほか、ギフト券、フードデリバリー、Xbox Game Passなどに利用できる。また、Bingでの検索結果からの買い物でキャッシュバックを受けられるBing Rebatesというサービスもある。

 Microsoft Rewardsは、Edge用Chrome用がそれぞれ提供されている。

 次点:ショッピングに役立つ拡張機能としては、「Camelizer」(Chrome用)も挙げられる。Edgeと違って価格履歴の機能がないChromeでも、この拡張機能を入れれば、商品の価格の推移を把握できる。今のところ、米国などいくつかの国のAmazonサイトにのみ対応しているが、例えば「セール価格」として出ている価格が本当にお得かどうかを確認する時に役立つ。

↑ページ先頭へ