TOPセキュリティ > Windows 11移行の前に今こそ見直したい、社内環境5つ...

セキュリティ

Windows 11移行の前に今こそ見直したい、社内環境5つのポイント(後)

2021/09/30

Susan Bradley CSO

 「Windows 11」は10月5日に提供開始となるが、筆者のネットワーク環境で利用しているパソコンは、多くがWindows 10にとどまることになりそうだ。Windows 11のシステム要件を巡っては、サポート対象のプロセッサーが8月下旬にいくつか追加されたものの、筆者の環境にはあまり関係のない話で、今後はWindows 10とWindows 11のパソコンが混在することになる。

前回から続く)

Active Directoryのフォレストレベルを見直す

Credit: MethodShop / Microsoft
Credit: MethodShop / Microsoft

 Active DirectoryのフォレストレベルがWindows Server 2008以上になっていることを確認する。これより低い場合、LMハッシュがネットワークに保存されている可能性がある。グループポリシーで、「コンピューターの構成」→「Windowsの設定」→「セキュリティの設定」→「ローカルポリシー」→「セキュリティオプション」→「ネットワークセキュリティ:次回のパスワード変更時にLAN Managerのハッシュ値を保存しない」を選択する。

↑ページ先頭へ