TOPSoftware > Windowsのセキュリティ強化、基本的な5つの対策(前)

Software

Windowsのセキュリティ強化、基本的な5つの対策(前)

2021/10/05

Brad Chacos PCWorld

 この記事では、Windowsの基本的なセキュリティ対策を5項目取り上げる。どれも簡単に取り入れられるはずだ。

Credit: Rob Schultz / IDG
Credit: Rob Schultz / IDG

 現代のネット社会では、自分のデータを守るための対策が絶対不可欠だ。悪党たちは、Webサイトから奪ったアカウント情報を悪用したり、パソコンをロックして身代金を要求したりなど、金を稼ぐためなら手段を選ばない。また、Windowsで最近見つかった脆弱性の事例にもあったように、Officeドキュメントを装ったファイルが、実はマルウエアということもあり得る。

 だが、現在のネット上で見られる攻撃の大半は、セキュリティの基本原則に従って策を講じておけば防御できる。この記事では、そうした基本的なセキュリティ対策を5項目取り上げる。どれも簡単に取り入れられるはずだ。

1:パスワード管理ツールを使う

 セキュリティ上のリスクがある行為の中でも、特に重大なのはパスワードの再利用だ。大手のサイトやサービスからデータが大量に流出する事例は、驚くほど頻発している。同じメールアドレスとパスワードの組み合わせを、いくつものサイトで使っていると、どれか1つのサイトから流出したログイン情報が、他のサイトへのログインに使われてしまう。

 これを防ぐには、サイトごとに異なる強力なパスワードを登録すればよい。しかし、ランダムなパスワードをいくつも生成し、自分の頭ですべて覚えておくことは不可能に近い。そこで、パスワード管理ツールの出番だ。ランダムで強力なパスワードを自動生成して保存しておくことができ、サイトやソフトウエアにログインする際に自動で入力できる。

↑ページ先頭へ