TOPマネジメント > 広がりつつあるインナーソースの文化、3社の事例(中)

マネジメント

広がりつつあるインナーソースの文化、3社の事例(中)

2021/12/01

Scott Carey InfoWorld

 インナーソース(inner source)とは、企業内でのプロプライエタリソフトウエアの開発にオープンソースの手法を取り入れることを表す。エンジニアリングの方法論の1つとしてTim O'Reilly氏が考案した言葉である。企業の垣根を越えてコントリビューションを行うオープン化ではなく、1つの企業の中にある複数のチームの間でのオープン化を目指す。

前回から続く)

BBC:コードの再利用で機能のデリバリーをスピードアップ

Credit: Rawpixel
Credit: Rawpixel

 英公共放送BBCは、この4年ほどの間に、インナーソースの文化を有機的にはぐくんできた。この結果、社内のチーム間の結束の強化、部署同士のコラボレーションの向上、ソフトウエア開発サイクルの効率化につながった。

 大きな人気を集めている「BBC iPlayer」アプリや「BBC Sounds」アプリを担当しているTVアプリケーションチームは、オープンソースに以前から精通していた。「TV Application Layer(TAL)」を2012年にオープンソース化した経験があるからだ。しかし、BBC内の他のチームにとっては、オープンソースの手法はそこまで当たり前ではなかった。

↑ページ先頭へ