TOPWireless > Wi-Fi 6のマルチユーザーMIMO、10のポイント(前)...

Wireless

Wi-Fi 6のマルチユーザーMIMO、10のポイント(前)

2021/11/30

Eric Geier Network World

2. MU-MIMOを補完するOFDMA

 Wi-Fi 6では、OFDMA(Orthogonal Frequency-Division Multiple Access)という技術も取り入れられた。LTEで使われているのと同様の技術だ。チャネルの帯域をさらに細かく分割して、RU(Resource Unit)という単位にまとめ、それぞれを複数のデバイスに割り当てて、同時に通信できるようにするというもの。伝送速度そのものを向上する技術ではないが、通信可能な状態にあるデバイスをスムーズに連携させ、チャネル全体を効率よく利用できる。

 OFDMAとMU-MIMOは、どちらも複数デバイスの同時通信を可能にする技術だが、中身は大きく異なる。OFDMAは、例えばIoTセンサーなど、低スループットや小さなパケットで通信を行う高密度環境の用途で効果を発揮する。一方MU-MIMOは、高スループットの用途で効果を発揮する。

3. MU-MIMOの最大接続数はWi-Fi 6の方が多い

 MU-MIMOで同時に接続して通信できるクライアントの数は、Wi-Fi 5では最大4台だったが、Wi-Fi 6では最大8台に増えた。接続の高速化やスループットの向上につながる。

4. Wi-Fi 6のMU-MIMOは2.4GHz帯でも5GHz帯でも使える

 Wi-Fi 6の登場により、2.4GHz帯と5GHz帯のどちらでもMU-MIMOを使えるようになった。Wi-Fi 5は5GHz帯のみで、それ以前はSU-MIMOだった。両方の周波数帯への対応は、長年にわたる2.4GHz帯の混雑に対処する大きな改良の1つとなる。2.4GHz帯は、電波干渉なしで利用できるチャネルが3つしかなく、従来の狭いチャネル幅を使用している。Wi-Fi 6のMU-MIMOによって、高密度環境での速度や使いやすさを向上させ、2.4GHz帯を効率的に活用できる。

5. 狙った方向に電波を送るビームフォーミング

 MU-MIMOで使われている技術にビームフォーミングがある。電波を全方向に放射状に送り出すのではなく、目的のデバイスに狙いを定めて飛ばす技術だ。電波を効率的に利用でき、通信範囲や速度の向上につながる。

 ビームフォーミングは、802.11nでオプションとして採用されたが、大半のベンダーは独自バージョンの実装にとどまっていた。その後の標準化によって、現在はWi-Fi 5やWi-Fi 6の製品に取り入れられている。

翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ