TOPマネジメント > マスターデータ管理の講座と資格10選(前)

マネジメント

マスターデータ管理の講座と資格10選(前)

2022/01/05

Thor Olavsrud CIO

 データと分析は、現代の企業の生命線だ。質の高いデータ資産を利用できるかどうかが、ますます重要になっている。データの一貫性、正確性、統制に万全を期すために、マスターデータ管理(MDM)は欠かせない。

Credit: Thinkstock
Credit: Thinkstock

 マスターデータとは、ビジネスのエンティティやオブジェクト(顧客、従業員、取引先、製品、コストセンターなど)に関するデータのことで、マスターデータ管理とは、それを適切に扱うための方法論、プロセス、テクノロジーを表す。

 CRM(顧客関係管理)、SCM(サプライチェーン管理)、コンプライアンスは、いずれも高品質なデータを一元化することが基盤となり、マスターデータ管理が重要な意味を持つ。「信頼できる唯一の情報源」を確立して、あらゆるマスターデータを適切に処理し、データの整合性を確保する必要がある。

 そんなマスターデータ管理に携わるうえで、自らのスキルを売りにしたければ、講座の受講や資格の取得に励むのも手だ。教育機関、業界団体、ベンダーなどが定めた基準に照らして、自分の知識や技能が所定の水準に達していることを、会社に対して証明できる。

 この記事では、マスターデータ管理に関する講座や資格として、以下の10種類を紹介する。

  • The Art of Service:Master Data Management Certification Course
  • DAMA:Certified Data Management Professional(CDMP)
  • ICCP:Data Governance and Stewardship Professional(DGSP)
  • インディアナ大学:Enterprise Data Management
  • eLearningCurve:Certified Information Management Professional(CIMP)Master Data Management
  • eLearningCurve:CIMP Ex Master Data Management
  • Informatica:Master Data Management 10 Administrator, Professional Certification
  • Informatica:Informatica Master Data Management 10.3 Developer, Professional Certification
  • ヴィラノヴァ大学:Mastering Data Management and Technology
  • SAP:SAP Certified Application Associate - Master Data Governance

The Art of Service:Master Data Management Certification Course

 豪The Art of Serviceの講座と資格。オンライン講座、PDF形式のテキスト、資格試験が1つになっている。オンライン講座は、マスターデータ管理の入門編として、マスターデータ管理のツール、手法、戦略、プロセスなどを解説したもので、90日間(または180日間)アクセスできる。試験では、個別の手法、モデル、ツールについての知識などが問われる。効果的なデータ管理戦略を導入してオペレーションコストを削減したいと考えている企業に適した資格だ。

  • 運営元:The Art of Service
  • 料金:59.95ドル(90日)、95.00ドル(180日)
  • 関連情報:運営元は、合格のためには最低18時間は学習するよう勧めている。

↑ページ先頭へ