TOPアプリ/OS > ユーザーのアプリ滞在時間、長い方がよいとも限らない(後)

アプリ/OS

ユーザーのアプリ滞在時間、長い方がよいとも限らない(後)

2022/03/25

Lee Atchison InfoWorld

利用者のニーズを理解する

 取引型のアプリと消費型のアプリでは、顧客体験は大きく異なる。しかしどちらも、利用者の目標に合わせて体験を最適化しなければ、利用者を失うことになる。利用者はこのアプリをなぜ使ってくれるのだろうか。利用者は何を達成したいのだろうか。これらを把握すれば、利用者とのつながりを維持するために加えるべき変更を理解しやすくなる。場合によっては、アプリ以外の部分の変更かもしれない。

 市場が急速に変化する中、競争力を維持していくには、アプリのモダナイズは極めて重要だ。企業に対する利用者の第一印象が、Webサイトやアプリで決まるケースはますます増えている。時には、サイトやアプリが顧客との唯一の接点になる場合もある。時代遅れのユーザーインタフェースやユーザー体験を提示することは、利用者の期待にそぐわない。この会社は顧客と上質な関係を築くことに興味がないのかと思われてしまう。

 アプリのモダナイズは、単なる作法の話ではない。現代のデジタルエコノミーにおいては、まさに事業の根幹にかかわる重大な問題だ。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ