TOPSoftware > SD-WANの導入、5つの落とし穴(下)

Software

SD-WANの導入、5つの落とし穴(下)

2022/04/08

Bob Violino Network World

 SD-WAN(Software Defined Wide Area Network)は、現代のITインフラで重要な要素の1つになっている。一元的な管理のもとで、トラフィックを柔軟に扱うことができ、アプリケーションのパフォーマンスの改善、ユーザーエクスペリエンスの向上、コストの削減といった効果が見込まれる。

前回から続く)

4. 可視化や分析の不足

Credit: Shutterstock / Funtap
Credit: Shutterstock / Funtap

 可視化と分析は、SD-WAN環境にとって極めて重要だとButler氏は指摘する。「WAN回線の品質や状態、SD-WANのパフォーマンス、ユーザーとアプリケーションのトラフィックを把握して、保証やキャパシティプランニングに利用するのが、SD-WANの可視化と分析の主なユースケースだ」

 自動化、セキュリティー、保証の機能を強化するうえで、可視化と分析は不可欠だ。「SD-WANプラットフォームの多くは、可視化や分析のプラットフォームと連携しているが、ユーザー企業がサードパーティのツールと連携して、さらに高度な可視化や分析を行うこともできる」

 可視化はセキュリティーの面で特に重要だ。Markets and Marketsのレポートは次のように述べている。「サイバー攻撃者は、ネットワークに対する巧妙な攻撃手法を見つけ出そうとしている。機密性が高いデータトラフィックを扱っている企業は、ネットワークのセキュリティーについて当然心配している。機密性が極めて高いデータトラフィックを扱う企業の場合、SD-WANアプライアンスの標準のセキュリティー機能では十分ではない可能性も考えられる」

 SD-WANのセキュリティーには複数の選択肢があるが、具体的にどのような構成にすれば最善のセキュリティーを確保できるのか、困惑している企業もあるとレポートは指摘している。

↑ページ先頭へ