TOPNetwork > 進化するデータセンターで新たな役割担う注目9職種とは(中)

Network

進化するデータセンターで新たな役割担う注目9職種とは(中)

2022/05/11

Tim Ferrill Network World

 データセンターが進化すると、それに伴い必要となるスキルも進化する。データセンターで働いている人たちにとって、これはピンチでもありチャンスでもある。

前回から続く)

4. パブリックポリシープログラムマネージャー

Credit: Gorodenkoff / Shutterstock
Credit: Gorodenkoff / Shutterstock

 テクノロジーの進化は飛び抜けて速いが、法的な要件や企業のポリシーも負けず劣らず変化が激しい。パブリックポリシープログラムマネージャーに求められるのは、自治体、国、国際間の各レベルの法令や規則のうちで、業界のベストプラクティスに関係するものを見定める力だ。ハードウエアとソフトウエアの両方にわたる技術的な要件もあれば、例えば予備電源や物理的なセキュリティーなど、インフラ周りに関係する要件もある。データセンターのポリシーは、法的要件を満たすために一定の技術的水準をクリアしている必要がある。そのため、この職種の担当者には相応のレベルの技術能力、特にセキュリティーに関する技能が欠かせない。

 この職種の担当者は要件を見定めたうえで、ポリシーを文書化し、維持していく必要がある。それには一通りの管理スキルが求められる。顧客企業の業種によってはポリシーの文書に特定の言い回しが必要な場合もある。状況に応じて土台となるポリシーを用意し、テンプレートとして使えるようにして、スムーズに文書を作成できるようにする。さらに、ポリシーの適用と監視のための手順を定めることや、できれば自動化ツールを随時活用して作業の効率性と一貫性を確保することも欠かせない。

↑ページ先頭へ