TOPCloud > クラウド推進の取り組みを一元化するCCoE、成功に必要な要素...

Cloud

クラウド推進の取り組みを一元化するCCoE、成功に必要な要素は(後)

2022/07/14

Lee Atchison InfoWorld

 クラウドネイティブアプリケーションの開発や導入に力を入れている大企業は、CCoE(Cloud Center of Excellence)の設置を考えるとよい。会社全体でクラウドを効果的に活用し、事業の拡大やスピード化を図るうえでCCoEは大きな意味を持つ。いざCCoEを立ち上げるときに何から始めればよいかを考えるために、今回の記事ではCCoEの目的や構成要素について見ていく。

前回から続く)

重要なのはクラウド推進の取り組みの一元化

Credit: Thinkstock
Credit: Thinkstock

 「ここに挙がった職務は社内に既にあるものばかり。CCoEという組織にまとめる必要があるのか?」と思う人もいるかもしれない。結局のところ、CCoEの存在意義はクラウド関連のすべての取り組みを一元管理できることにある。CCoEを確立することで、社内にあるクラウドの知識と経験を1つに統合し、会社として共通のクラウド戦略を定め、維持していくことができる。こうしてクラウド化の取り組みを一元的に統制すれば、援軍が必要な部分と十分な戦力が整っている部分とが一目瞭然になる。

 こうした一元的な体制の下では、クラウドについての戦略的な計画や意思決定がしやすくなり、プロジェクトの成功について責任の所在が明確になる。クラウドのパートナーやベンダーとの連携が円滑になり、関係の強化や新たな関係の構築がしやすくなる。

↑ページ先頭へ