TOPセキュリティ > セキュリティー人材の求人情報、「べし・べからず集」(上)

セキュリティ

セキュリティー人材の求人情報、「べし・べからず集」(上)

2022/07/11

Mary K. Pratt CSO

 有望なセキュリティー人材を獲得するには、求人情報の何にどう気をつければよいのだろうか。「べし集」「べからず集」の形で、それぞれ6箇条を挙げる。

Credit: AndreyPopov / Getty Images
Credit: AndreyPopov / Getty Images

 米MongoDBのLena Smart最高情報セキュリティー責任者(CISO)は、セキュリティー人材を募集する求人情報を出すときには、候補者に好印象を与えられるように情報の中身を吟味するよう心がけている。

 「求人情報は候補者と会社との最初の接点になる。このことを忘れがちだ。第一印象は大きな意味を持つ」

 現在こうした配慮はますます重要と言える。労働市場全体の動きが激しいうえ、サイバーセキュリティー人材の獲得競争は特に熾烈だからだ。

 効果的な求人情報の書き方は必ずしも公式化できないが、Smart氏は書くのが得意なようだ。売り手市場の現在でも、最近出した求人には1000件の応募があった。

 有望な人材を獲得するには、求人情報の何にどう気をつければよいのだろうか。「べし集」「べからず集」の形で、それぞれ6箇条を挙げる。

↑ページ先頭へ