TOPHardware > IoTで変わる毎日の暮らし(前)

Hardware

IoTで変わる毎日の暮らし(前)

2014/07/22

Robert L. Mitchell Computerworld

 通信がワイヤレスであることは必須要件ではないものの、ほとんどのデバイスは、Wi-Fi、Bluetooth、Z-Wave、Zigbee、携帯データ通信などのワイヤレス通信技術を利用して、クラウドサービスとの接続や、モバイルアプリとの連携を実現している。ユーザーは、こうしたモバイルアプリを使ってステータス情報を確認でき、アップデートや指令の送信も行える。

 スマートなIoTデバイスは、物体、人間、環境の状態に関する情報を双方向でリアルタイムに通信する機能を持つと、米Forrester Researchの主席アナリスト、Michele Pelino氏は話す。

 GartnerのLeHong氏は、「単なるセンサーのネットワークではない」と指摘する。「BMWのオーナーは、車の鍵が見当たらない時でも、モバイルアプリで解錠できる。これもまさにそうだ」。あるいは、ソフトウエアのアップデートが自動車メーカーからユーザーの車にワイヤレスで送信されたり、帰宅前に自宅のオーブンに料理の指示を出したりといったこともそうだ。IoTの一部として実装されていれば、認識、制御、データ送信が可能だとLeHong氏は話す。

 ITのコンシューマライゼーションはIoTの推進力になっている。センサーや通信サービスなどの実現技術のコストが下がっているからだ。また、ITのコンシューマライゼーションによって、製造業や医療分野で使われるセンサーなどの業務向け製品と、スマートサーモスタットなどの消費者向け製品との境界も曖昧になりつつある。例えば、車の解錠機能と同じスマート技術でデータを送信することによって、メーカーがビッグデータを蓄積し、その分析に基づいて、故障の発生を予測したり、全体的な信頼性や性能を向上させたりといった使い方も考えられる。

翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ