TOPHardware > Apple、12インチの新型MacBook Airを発売か

Hardware

Apple、12インチの新型MacBook Airを発売か

2015/01/09

Leah Yamshon Macworld.com

 Apple関連の情報サイト「9to5Mac」の最新情報が本当だとすると、2015年に米Appleが発売する最大の目玉は「MacBook Air」かもしれない。(もちろん、「Apple Watch」を除けばの話だ)。同サイトが現地時間2015年1月6日、Apple関係者から得た情報として報じた記事によると、同社は新型MacBook Airの準備を進めているという。フルサイズのUSBポート、電源コネクタ「MagSafe」、SDカードスロットをいずれも廃止して、デザインを完全に一新したものになるとしている。

 この記事の中で、筆者のMark Gurman氏は次のように述べている。「12インチのMacBook Airは、現行の13インチモデルよりもかなり小さくなり、現行の11インチモデルと比べても横幅はわずかに狭い。11インチモデルより4分の1インチ(約6ミリ)ほど狭い横幅だが、ディスプレイが若干大きい分、縦幅は逆に4分の1インチほど大きくなる。現行の11インチモデルと同程度の面積の中に、それより大きい画面を収めることになるため、ディスプレイのベゼルは上下左右とも細くなる」

 同記事には、この新型MacBook Airの予想図も掲載されている。同サイトで動画やグラフィックを担当するMichael Steeber氏が作成したものだ。例えば、こちらのグラフィックは、予想される12インチモデル(左)と現行の11インチモデル(右)を横から比べた様子だ。

 MacBook Airには、11インチと13インチのモデルが既にある。そうなると、12インチモデルなど不要という気はしないだろうか。超軽量で携帯性が抜群というMacBook Airの評判を守っていくためには、画面を13インチ以下にとどめておくのは理にかなっている。しかし、11インチ未満となると今度は小さすぎる。そう考えてみると、12インチというサイズは、実は「ちょうどぴったり」のスイートスポットにあたる可能性がある。

↑ページ先頭へ