TOPHardware > AIの研究開発に思慮分別を呼びかける公開書簡、Stephen...

Hardware

AIの研究開発に思慮分別を呼びかける公開書簡、Stephen Hawking氏らが署名

2015/01/14

Sam Shead Techworld.com

 人工知能(AI)のさらなる発展に関して、今後の影響を見据えた対応の必要性を呼びかける公開書簡に、Stephen Hawking氏やElon Musk氏をはじめとする多数の署名が集まっている。

 この公開書簡は、AIに伴う安全性の問題や社会的便益について、より重視することが必要だと提言するもので、科学者、起業家、投資家らをはじめ、大勢の人々が賛同している。

 この書簡と、それに付随する調査レポートを公開したのは、米Future of Life Institute(FLI)という団体だ。FLIは、AI開発のあるべき姿について、調査や提言を行っている。今や、労働市場をはじめ、生活のさまざまな分野に関して、機械の能力が人間を凌駕していくことへの懸念が高まりつつある。

 今回の書簡で同団体は、AIの発展について、科学者や技術者が安全かつ入念な連携とコミュニケーションを行う必要性を主張し、人間が制御できない域にまでAIが成長しないようにする必要があると訴えている。

 「AIは大きな可能性を秘めていることから、そこに潜む危険を回避しながらその便益を得られる方法を研究することが重要である」と書簡は述べ、「人間が開発するAIシステムは、人間が望むとおりに動作するものでなくてはならない」としている。

 同団体は、Skypeの共同創業者であるJaan Tallinn氏をはじめとする数名が2014年にボランティアで設立した。AIが人類の未来をどのように形づくるかという研究の促進を目的としており、それに伴うリスクの調査も進めている。

↑ページ先頭へ