TOPNetwork > 史上最大の情報流出、7億超のメールアドレスと2000万超のパ...

Network

史上最大の情報流出、7億超のメールアドレスと2000万超のパスワードが公開

2019/01/21

Mark Hachman PCWorld

 データ流出がますます頻発する中、桁違いの事案が明らかになった。メールアドレスやパスワードの漏えい状況を確認できるサイト「Have I Been Pwned」の運営者Troy Hunt氏によると、流出したメールアドレスとパスワードを膨大に収めたデータセットが公開されているのが見つかった。アドレスとパスワードの一意の組み合わせは、実に11億6025万3228件に及ぶ。Hunt氏はこのデータセットを「Collection #1」と名づけた。

Credit: Getty Images

 Hunt氏によると、このデータセットは、クラウドストレージサービス「MEGA」にアップロードされていた。メールアドレスとパスワードは、さまざまなソースから流出したものだった。一意のメールアドレスの数は7億7290万4991件で、Have I Been Pwnedに反映したデータリークとして過去最大の件数だという。また、一意のパスワードの数は2122万2975件で、パスワードは平文化されていた。

 メールアドレスとパスワードが実際に使われていたとおりのペアで収められていたのかどうかは定かではないが、Hunt氏の説明には約27億組を格納したリストという言及もあることから、おそらくそうだったのだろうと思われる。

↑ページ先頭へ