TOPNetwork > AppleがFacebookとGoogleの企業証明書を一時...

Network

AppleがFacebookとGoogleの企業証明書を一時無効化、規約違反で

2019/02/04

Leif Johnson Macworld

 「当社の社内向けiOSアプリのいくつかが一時的に停止しており、Appleの協力のもとで是正に取り組んでいる。すぐに解消する見通しだ」

 また、米BuzzFeedのJohn Paczkowski氏のツイートによると、Appleも同様のコメントを出した。「企業証明書を迅速に復旧できるよう、Googleと共に取り組んでいる」とのことだ。

 さらに、Googleより先に無効化されたFacebookの企業証明書をAppleが復旧させたとFacebookがコメントしていることが、米New York TimesのMike Isaac氏のツイートで分かった。Appleのこの迅速な動きからすると、Googleに関しても、同じく一両日中には証明書が復旧することが考えられる。

 Appleは両社に断固たる措置を講じることでその権威を示した。これで両社はかなりの混乱に陥った。交通機関用アプリやカフェ用アプリなど、社員向けのiPhoneアプリが使えなくなったからだ。Appleの企業証明書は、本来はこうした社内向けアプリのためにある。しかし、影響はそれだけではない。GoogleマップやGmailといったアプリの開発途中のバージョンも動かなくなる。

 Appleの広報担当者は、「開発者が企業証明書を使ってコンシューマーにアプリを配布している場合、その証明書は無効化する」と述べた。これを受けてGoogle側も、事態を収拾するための策を講じた。

↑ページ先頭へ