TOPHardware > AirPods新モデルが今年登場か、「Hey Siri」機能...

Hardware

AirPods新モデルが今年登場か、「Hey Siri」機能と新チップ搭載

2018/02/26

Michael Simon Macworld

 米Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」は、発売から1年以上が経過した今も、同社のラインナップの中で大ヒットが続いている商品だ。在庫切れになっていたり、入荷後すぐに売り切れたりすることも少なくない。そうした中、Appleがこの製品に一層の磨きをかける計画だとの報道が出た。

Credit: Daniel Masaoka/IDG

 米Bloombergが2018年2月22日に公開した記事によると、Appleは今年、AirPodsの新モデルを発売したい考えだ。新しいチップを搭載し、「Hey Siri」と呼びかけることでAIアシスタント「Siri」をハンズフリーで呼び出せる機能も加わるという。現行のAirPodsでは、Siriを呼び出す時には指でタップする必要がある。

 新チップの搭載も、ハンズフリーのSiriも、どちらも意外な進化ではないはずだ。Appleの「W1」チップは、AirPodsと共に登場した。その後同社は、「Apple Watch Series 3」に、省電力性を高めた「W2」チップを搭載した。恐らく、新型AirPodsは「W3」といった名前のチップを搭載し、バッテリー駆動時間や再生音質が向上するものと考えられるが、Bloombergの記事はこの新チップの名称には触れていない。現行のAirPodsは、1回の充電で5時間再生でき、付属の充電ケースを使えば24時間以上持つ。

↑ページ先頭へ