TOPSoftware > Web版Gmail、インタラクティブな動作をメールに組み込め...

Software

Web版Gmail、インタラクティブな動作をメールに組み込める機能に対応

2019/03/28

Mark Hachman PCWorld

 米Googleは2019年3月26日、Webブラウザ版のGmailが「ダイナミックメール(dynamic email)」という機能に対応したことを発表した。インタラクティブな機能をメールの中に直接組み込んで、Gmailのページ上でそのまま利用できるようにするものだ。

Credit: Google

 この機能では、各種サイトやサービスの機能の一部をメールの中で直接利用でき、別のタブでサイトを開かなくても作業を済ませられる。時間短縮のためのシンプルな機能という意味では、返信文の候補を自動表示するスマートリプライ機能や、Google検索のオートコンプリート機能と似たような方向性に感じられる。

 ダイナミックメールは次のような使い方が考えられる。例えば、Googleドキュメントで共同作業している文書の中で、共同作業者がどこかの部分にコメントを加えたとする。そのコメントの確認や対処を求める通知がGmailで届いた時に、リンクをクリックして文書を開いたりしなくても、メールの中で返信のコメントを直接入力し、文書内の該当箇所にそのまま適用できる。

 Gmailが今回導入したダイナミックメールの機能は、Gmailのページにとどまることを促す手段の1つでもある。別のメールアプリでGmailにアクセスした場合には、この機能は使えず、静的なメールが表示される。また、モバイルアプリ版のGmailでも現時点では使えないが、こちらは近いうちに対応する予定とのことだ。

↑ページ先頭へ