TOPSoftware > Microsoft、WunderlistとCortanaの連...

Software

Microsoft、WunderlistとCortanaの連携を終了

2019/04/02

Mark Hachman PCWorld

 タスク管理ツール「Wunderlist」は依然として生殺しの状態にある。米Microsoftは、Windows 10の音声アシスタント「Cortana」とWunderlistを連携する機能を、2019年4月15日から停止する。音声を使ったタスク登録などができなくなる。

Credit: Mark Hachman / IDG

 Microsoftは、買収で傘下に収めたWunderlistから、その後開発した同種のツール「Microsoft To-Do」への移行を進めようとしている。WunderlistとCortanaとの連携を停止する今回の措置もその一環だ。後発のMicrosoft To-Doは、この1月にCortanaとの連携に対応した。ただし現時点では、今春の大型アップデートに向けたWindows 10 Insider Preview版が必要で、セットアップの手順も多少複雑だ。

 Microsoftは、Wunderlistを格下げする今回の措置について、かなり奥深い場所でユーザーに通知している。具体的には、Cortana/検索フィールドをクリックして、ノートブックに移動し、接続済みサービスの一覧を開いて、Wunderlistのボタンをクリックすると、次のような内容の通知が表示される。

↑ページ先頭へ