TOPNetwork > 豪議会、暴力的コンテンツの即時削除をSNSに義務づける法案を...

Network

豪議会、暴力的コンテンツの即時削除をSNSに義務づける法案を可決

2019/04/08

早坂 利之

 6万5000人の弁護士が加盟しているオーストラリアの弁護士連合会Law Council of AustraliaのArthur Moses会長はこの法案について、「間違いなく悪であり、ビジネスに悪影響をもたらす」もので、「危険な先例」になるとした。

 「悲劇的な出来事に対して紋切り型の感情的な反応がなされた時には、効力のない悪法が制定される」

 豪ソフトウエア会社Atlassianの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のScott Farquhar氏は、4月3日夜のTwitterへの投稿で、この法案と制定プロセスを批判した。「ネット上でこの手のコンテンツを誰も望んではいないという点ははっきりさせておく。しかし、この法律は欠陥があり、職に不必要な犠牲をもたらし、テクノロジー業界に損失をもたらす」

 「職と経済を重視すると言っている政党が、このような欠陥のある法案をどういう経緯と理由で提出するのか理解できない。これまで以上のテクノロジー職を危険にさらす法案だ」

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ