TOPSoftware > 自動で高さが変わる立ち机「Autonomous Desk」、...

Software

自動で高さが変わる立ち机「Autonomous Desk」、音声アシスタントも装備

2015/05/14

Pulkit Chandna TechHive

 長時間座ったままでいることが健康にもたらすリスクが認識されつつある。これに伴って、立った状態でも使える机へのニーズが高まっている。だが、会社にせよホームオフィスにせよ、室内のあらゆるものがスマート化しつつある中で、スマートな機能のない机を我慢して使うことがもたらす精神衛生上の悪影響についても、そろそろ対処を考えてもよい頃だ。ニューヨークのロボット製造メーカーAutonomous(旧称Robotbase)は、まさにそれを目指しており、米クラウドファンディングサイトKickstarterで注目を集めている。

 スマート立ち机の構想を打ち出した同社の「Autonomous Desk」は、Kickstarterで非常に人気だ。元々の目標調達額は5万ドルだったが、本記事の執筆時点で既に10万ドル以上を調達している。同社がKickstarterで提示している製品のラインナップには、骨組みのみで299ドルの「Maker & Hacker Model」や、399ドルの「Basic Model」があるが、これらは平凡な昇降式立ち机だ。一方、599ドルの「Smart Model」こそ、巷の話題を呼ぶ製品である。

 立った状態でも使える机の売れ行きは好調だ。この現象は、例えば白熱灯からLEDへの移行に匹敵する勢いというほどではないかもしれない。しかし、斬新な発想を生み出す用意があれば、誰にも一獲千金のチャンスが大いにある。Autonomousが目指しているのはまさにそれだ。おそらく同社は、立ち机の購入を既に考えている人が、さらに上を行く一歩を踏み出してくれることを期待しているのだろう。そして、公平を期して言えば、この机は、スマート機能のない競合製品の数々と比べても、かなり手ごろな値段だ。

 高さの自動調節機能がある立ち机の多くと同様に、Autonomous Deskにも小さな操作パネルがあり、好みに合わせて高さを変えられるようになっている。また、利便性を考えて、高さの設定を最大4つまで保存できる機能もある。だがAutonomousは、この操作パネルが必要なのは最初の数日だけだと説明する。どうやら、その数日の間に、利用者の操作の傾向を机が自動で学習するようだ。それ以降は、1日の流れの中で高さが自動で調整されるという。

↑ページ先頭へ